更新情報

2020/09/02 報恩講中止のご案内を掲載いたしました。

 

2019/10/09 台風19号の接近により、ご参詣いただく方の安全を考慮して、報恩講の日時を変更いたします。

変更前 10月12日 を

変更後 10月14日 に変更いたします。

ご参詣を予定しておられた方は、ご予定の変更をお願いいたします。

2019/09/01   行事のご案内を更新しました。

◎報恩講のご案内

◎聞法集会2019のご案内

◎学習会のご案内(第3回目)

2019/06/04 行事のご案内を更新しました。

◎新盆合同法要のご案内

2019/06/01 行事のご案内を更新しました。

◎学習会のご案内

2018/09/02 行事のご案内を更新しました。

円応寺報恩講のご案内 

2018/04/17 行事のご案内を更新しました。

2018年東京教区 同朋大会のご案内

 

2017/11/02  ブログ(聞法集会2017)を更新しました。

2017/10/14   ブログ(横浜別院報恩講)を更新しました。

2017/09/27    行事のご案内を更新しました。

円応寺報恩講のご案内

横浜別院報恩講のご案内

湘南組聞法集会のご案内

 

2017/09/20 円応寺のホームページをリニューアルしました。

お寺の掲示板

IMG_0152.JPG

二度目の緊急事態宣言が発出されている中、国会議員の方が「銀座で飲食」と報じられ、その結果、辞職や離党という事になりました。

お釈迦様は「自分さえ良ければ、他人はどうなっても構わない」という心が誰にでもあると説かれています。これは煩悩の一つであり、仏教では全ての人は「煩悩具足の凡夫」と言われています。
煩悩は108個有るといわれますが、中でも貪(むさぼる心)、瞋(怒り)、痴(愚痴)の三つを総じて三毒といいます。
貪る心とは「自分さえ良ければ」、「今さえ楽しければ」という我欲を満たす事です。先の国会議員に限らず、私たちは我欲を満たす事に一生懸命です。
その結果、「自損損他」つまり自他共に傷みを負う事になります。仏教では「自利利他」他を利する事で自らの利とすることを勧めています。
また、親鸞聖人は「さるべき業縁のもよおせば、いかなるふるまいもすべし」(真宗聖典p.634「歎異抄」)と自らの有り様を見つめられています。
「私は大丈夫」と思わず、「他人の振り見て我が振り直せ」ではないですが、私の写し鏡として、自らを律してほしいと思います。