更新情報

2019/10/09 台風19号の接近により、ご参詣いただく方の安全を考慮して、報恩講の日時を変更いたします。

変更前 10月12日 を

変更後 10月14日 に変更いたします。

ご参詣を予定しておられた方は、ご予定の変更をお願いいたします。

2019/09/01   行事のご案内を更新しました。

◎報恩講のご案内

◎聞法集会2019のご案内

◎学習会のご案内(第3回目)

2019/06/04 行事のご案内を更新しました。

◎新盆合同法要のご案内

2019/06/01 行事のご案内を更新しました。

◎学習会のご案内

2018/09/02 行事のご案内を更新しました。

円応寺報恩講のご案内 

2018/04/17 行事のご案内を更新しました。

2018年東京教区 同朋大会のご案内

 

2017/11/02  ブログ(聞法集会2017)を更新しました。

2017/10/14   ブログ(横浜別院報恩講)を更新しました。

2017/09/27    行事のご案内を更新しました。

円応寺報恩講のご案内

横浜別院報恩講のご案内

湘南組聞法集会のご案内

 

2017/09/20 円応寺のホームページをリニューアルしました。

お寺の掲示板

IMG_0411.JPG

いつ頃からでしょうか、「自分ファースト」と言われるようになったのは。

そこには、私という人間が、生涯変わることのない固定した実体であると思い込み、私にとって損か得か、好きか嫌いかなど、常に私を中心とした心で総ての出来事を捉えています。

その結果、私の思い通りにならないと、悩んでみたり、争いを起こしたりして、それが苦しみとなり、その苦しみから解放されないのです。このような私を中心にしている状態を、仏教では「無明煩悩(むみょうぼんのう)」と言い、この煩悩が私を迷い苦しみの世界に留めているのです。

親鸞聖人もこの煩悩を断ち切ろうと、修行に励まれましたが、自力では断ち切ることの出来ない煩悩の深さを自覚されました。この後、阿弥陀仏の本願と出遇われました。阿弥陀仏は「悩み苦しむ総てをそのまま救い、悟りの世界へ導こう」と願われています。これを本願と言います。
私たちは、この本願を聞かせていただくことで、自分ファーストでしか生きられない無明の存在でることに気づかされ、煩悩を克服する生き方へと変われるのではないでしょうか。